顧客 Destination Brisbane Consortium (デスティネーション・ブリスベン・コンソーシアム)
プロジェクト種類 小売/住宅/商業施設
予算 / 規模 36億ドル
開始日 2017年
完成予定 2024年
場所 オーストラリア・ブリスベン
$3.6B ブリスベンCBDの10%を占めるプロジェクト

Queen’s Wharf Brisbane - ブリスベンの中心に位置する世界クラスのエンターテイメント地区です。

ブリスベンを観光、レジャー、エンターテイメントの目的地として地図に載せることができる、新しい世界クラスの統合型リゾート施設が新たに建設されています。

Queen's Wharf Brisbaneは、2022年のオープンを予定しており、ブリスベンの亜熱帯気候を取り入れた象徴的なデザインと、ブリスベン川と稜線に沿って配置された解説付きのトレイルや体験を通じて、この地区の先住民族とヨーロッパ人の遺産を称えることで、CBDと川沿いのエリアを一変させます。

DBM Vircon社 (旧PDC)は、BIMマネジメント、モデリング、デジタルエンジニアリング、ディテーリングなどのサービスを提供する、経験豊富なグローバル企業です。DBM Virconは1972年の設立以来、3人でスタートし、現在ではオーストラリア、フィリピン、北米に385人以上のスタッフを擁するグローバル企業に成長しました。DBMVは、お客様に独立した透明性の高いサービスを提供するために、ソフトウェアやベンダーにとらわれない組織です。

DBM Vircon社のオペレーション・マネージャーであるGabor Gulyas氏は、dRofusがクイーンズワーフでの作業に選ばれる前に、5つのBIMコラボレーション・ソフトウェア・システムが検討され、積極的に評価されました。

“ このプロジェクトの25,000時間のうち、約5,000時間はすべてのテストに費やしたと思います。私たちはデリバリーチームに設定したすべての要件に対して、期待を裏切らないように様々なソリューションを試してきました。

dRofusは、異なるソースから送られてくるすべてのデータを統合し、COBie出力をエクスポートするための信頼できる単一の情報源を提供するための最適なツールであることがわかりました。このソフトウェアは、COBieのエクスポートプロセスを定義する際にも非常に柔軟性がありました” - Gabor Gulyas氏 (ガボール・グリヤス)、オペレーションマネージャー/デジタルエンジニアリング部門、DBM Vircon社

一般的にCOBIEを実現するためには、モデルファイル内に複数のスケジュールを作成し、エクセルにエクスポートし、エクセルファイルをメールで送信し、エクセルのスケジュールを手動で編集し、エクセルファイルをマージし、モデル内に存在しないデータを入力しなければなりません。- これは、BIMのようなプロセスではなく、小さなプロジェクトでも課題です。

DBM VirconとQueens Wharfチームは、COBieを提供するためのいくつかのツールやプラグインをテストした結果、dRofusが最も優れたソリューションであり、ブリーフィング、設計、施工データをキャプチャ、調整、統合する最も効率的な方法であるという結論に達しました。

”クイーンズワーフは、DBM Vircon社の代表的なプロジェクトであり、複数のインターフェース、ステージ、プログラム、ソフトウェア、チームからなる複雑なプロジェクトを実現するために、高度な技術を持つデジタルエンジニアの主要チームを結集しました。これによりDBM Virconは、納入の約4年前にすでに運用テストが行われている統合モデルを開発することができました ”-Alastair Brook(アラステア・ブルック)、 デジタル・エンジニアリング・ディレクター、DBM Vircon社dRofusは設計段階ではかなり遅れて導入されましたが、設計データの取得、COBieワークフロー、テナント計画、自動化されたQRコードによる現場活動を可能にしました。

“ 通常、dRofusはブリーフィングやコンセプトデザインの段階で導入されますが、今回のプロジェクトはまさにそれが遅すぎるということはないということを示しています。お客様はプロジェクトの中で日々データ管理に悩んでいますが、dRofusスイッチを入れればその悩みは解消されます ”
- dRofus マネージングディレクター、クリス・ラゼル氏


dRofusのデータベースは、このプロジェクトにおいて、他のBIMオーサリングプラットフォームからデータをプッシュ&プルする上で、重要な役割を果たしました。これには、多数のRevitおよびArchicadモデルからの部屋およびサービス可能なアイテムのデータの調整および統合が含まれ - 信頼できる唯一の情報源が作成します。

このような共通のデータ環境を構築することで、dRofusは、設計のオーサリングやブリーフィング、スケジュールや仕様書の作成・作成、特殊な分析や数量のテイクオフなど、主要なワークフローで重要な役割を果たすことができました。さらに、強調する必要がある重要なdRofusベースのコアワークフローは、運用開始までに数年を要する施設管理(FM)システムの資産情報要求(AIR)を、設計段階でCOBIEに準拠したテンプレートで作成し、オープンなIFCフォーマットで抽出するという方法でした。

設計段階でのこのような事前の計画は、建設と運用の後の段階でのプロジェクトの効率性に利益をもたらします…


デザインのオーサリングとブリーフィング
“ dRofusは、ネーミングと番号付けを統合するための素晴らしいツールを提供してくれました ” - DBM Vircon社 デジタルエンジニアリング部門、オペレーションマネージャー Gabor Gulyas氏

クイーンズワーフのプロジェクトは現在、建設段階に入っています。ここでは、設計データへのアクセスと、施設管理 (FM)の引き渡しのための資産情報要件 (AIR)の取得が次の大きな課題となりますが、このスペースをご覧ください!

Queens Wharf

詳細はこちら

bSI社のプレゼンテーションのビデオをご覧いただけます。
bSI賞の詳細はこちら