product-banner-1

ソフトウェア

dRofusでよりスマートに働く

ソフトウエア

dRofusは、ユニークなプランニング、データ管理、BIMコラボレーションツールで、すべての利害関係者に、建物のライフサイクルを通して、広範なワークフローサポートと建物情報へのアクセスを提供します。

dRofusは、他のプランニングツールとは異なり、公共施設の建築主のために直接開発されました。クライアントの要求の把握 (EIR)、クライアントの要求に対する設計ソリューションの検証 (BIM)、公共規格の管理、機器の計画などは、このソフトウェアの中核的な機能です。

dRofusは、ArchiCAD、Revit、IFCとの強力な統合を実現し、双方向のデータ同期機能を備えています。

各分野のモデルデータは、計画データ、非幾何学的データ、ドキュメントとともに、dRofusデスクトップクライアントや、dRofus Webを介してすべてのプロジェクト利害関係者がアクセスできる集中型データベースに取り込まれます。

通常、利害関係者は、さまざまなデータスキーマ、さまざまなファイルタイプ、複数のサーバーに分散され、複数の異なる場所にあるさまざまなソフトウェアプログラムを使用してデータを生成します。- 多くの場合、このデータは他のユーザーが再利用できません。

これが、dRofusがBIMプロジェクトに不可欠なツールとなった理由です。私たちは、異種のデータセットを統合し、プロジェクト情報、洞察力、そしてプロジェクト利害関係者全員がアクセスできるインテリジェンスに変換します。

ビデオ: dRofusの紹介

すべての利害関係者のためのBIMデータツール

建築家、エンジニア、建築主、BIMマネージャーは、dRofusでよりスマートに仕事をすることができます。

主な特徴

BIMへのデータ中心のアプローチ

BIMプラットフォーム外のデータも含め、BIM内のすべてのオブジェクトの関連する建築/プロジェクト情報を捕捉する、すべての利害関係者からの建築データ入力を計画、作成、管理する。

デザインの統合

RevitとArchiCADへのdRofusの高度なプラグインは、建築家とエンジニアの優れたワークフローをサポートします。プログラムデータを設計と統合することで、建築要件の検証や、dRofusとプロジェクトモデル間の双方向の同期が可能になります。

データの標準化

クライアントの要求を把握し、複数のプロジェクトにまたがる施設の標準を管理します。部屋テンプレートやグローバルアイテムカタログは、部屋やコンテンツを標準化し、新しいプロジェクトのスタートに役立ちます。

変更履歴

dRofusに適用されたすべての変更は、ログに記録されます。ログには、誰がいつ何を変更したかが表示されます。ログノートを適用したり、変更リストを使用して、変更の理由を伝えることができます。 高度な検索機能により、関連する変更のスケジューリングやレポートを簡単に行うことができます。  

レポートとエクスポート

dRofusには、70種類以上のPDFレポートとExcelエクスポートが組み込まれています。 また、サードパーティのレポートテンプレート オーサリングツールであるXF Designerを利用して、お客様独自の特殊なレポートを作成することも可能です。また、プロジェクト/組織の要件に合わせて、カスタムのPDFレポートを作成することも可能です。

安全性とアクセス性

データは中央のサーバーに安全に保管され、ユーザーは場所を問わずに接続してデータを読むことができます。ユーザーのアクセス権を制御することで、データの安全性を確保しています。dRofusのすべてのモジュールに対して、読み取りと書き込みの権限が詳細に制御されています。

ビデオ: dRofusとは?

dRofusはAECO業界のスマート化をサポートします

あなたの会社に最適なソリューションを、チャットで相談してみませんか?

  • プランニング
  • 設計と共同作業
  • RevitとArchicadのアドオン
  • dRofusウェブ
  • レポート

プランニングをより効果的にするために

dRofusへようこそ!プランニングはこれまでになく簡単です。dRofusでは、建築主のプログラム要件を把握することから始めて、部屋のニーズと機能を確立し建物の設計を導きます。情報を1つの場所で共有することでチーム全体がプランニングプロセスに参加できます。

dRofusのシームレスなプランニングをご覧ください。

 

Welcome Series Planning - Lesson 1

 

マニュアルには時間がかかります。 dRofusは時間がかかりません。

クラウドベースのソリューションであるdRofusは、地理的に分散したチームや複数のモデルを1つのデータベースに接続することができます。3Dモデルを開く方法を知らなくても、リアルタイムでどこからでも最新のプランニングやデザイン情報にアクセスすることができます。

これにより、すべてのチームメンバーは、自分たちの情報が接続され、すべての人がアクセスできることを確信しながら、プランニングやデザインに積極的に参加することができます。HDRのように、モデルが部屋の設計要件を満たしているかどうかを確認する作業を数時間から数分に短縮するために、dRofusがどのように役立つかをビデオでご覧ください。

コラボレーションプラットフォームがどのようにあなたを次のレベルに導くことができるかをご覧ください。

 

Welcome Series Design - Lesson 2

 

どこにいても、必要なものはすべて

dRofusを使用した設計は、より早くアクセスしやすくなっています。Archicad、Revit、IFCとの統合により、モデル開発時に設計要件をリアルタイムに確認することができます。プログラムデータと設計を統合する高度なBIMプラグインにより、手動で部屋の設計要件を確認する必要はありません。

BIMを活用する方法をご紹介します。


Welcome Series BIM - Lesson 3

 

どこからでも情報にアクセスできる

どこにいてもプロジェクトの情報にアクセスできることは、これまで以上に重要なことです。dRofus Webは、あなたのプロジェクトを自由に持ち運べるようにします。直感的に操作できるウェブインターフェースにより、モバイルデバイスで必要なツールを利用して、必要なときに必要な情報にアクセスできます。部屋データから予定されている項目まで、すべての情報をすぐに利用することができます。

  • 外出先でも簡単に要件を編集できる
  • プロジェクト全体を素早く検索し、探しているものを見つけることができる
  • 特定のデータへのリンクをチームメンバーとシームレスに共有できます
  • モデルビューアで建物を可視化
  • IWMSプラットフォームと連携し、最新の資産情報を提供
  • dRofus Webは、建物の計画、設計、運用にかかる膨大な時間を削減することができます

 

Welcome Series Web - Lesson 4

 

少ない労力で、より効率的な活用

楽に管理することができます。分離したデータを管理するために、時間を無駄にする必要はありません。dRofusでは、70種類以上のPDFレポートやExcelへのエクスポートが可能なため、1つのプロジェクトにかかる時間を大幅に短縮できます。必要なものが見つからない?レポートテンプレートオーサリングツールを利用して、特殊なレポートを自分で作成することもできます。

データをデザインに反映させる準備はできましたか?ビデオを見て、もっと知りましょう。


Welcome Series Reports - Lesson 5

 

 

モジュール

スマートなモジュールは、要求の厳しいワークフローにも容易に対応します。

部屋の概要

 

dRofusでは、プロジェクトで計画された部屋を明確に整理して構成することができます。すべての部屋には、固有の部屋機能番号、プログラムされたエリア、およびプロジェクトで定義されたその他のパラメータが割り当てられます。

  • 全ての部屋に固有の番号をつける
  • プロジェクトで定義されたパラメータを部屋に適用
  • ゾーン、部屋のカテゴリー、ユーザーグループなど、プロジェクトで定義されたグループに部屋を整理
  • Excel、Revit、Archicad、IFCからのプログラム/部屋のインポート
  • 双方向プラグインにより、RevitやArchiCADと部屋のデータを同期させることが可能
  • 設計したモデルをIFC形式で読み込み、部屋の実際の位置を視覚的に確認できる
  • IFCによるデータの確認と同期

Room-overview-1

dRofus Web:ナビゲーションと設計の検証のために建築IFCモデルに接続された部屋の概要 

room-overwiew_

左側に部室の構造、右側に部屋のコアが露出した関連部屋がある部屋の概要 

部屋データシート(RDS)


全ての部屋には、部屋データシート(RDS)を割り当てることができます。RDSには、その部屋に指定されたプロジェクトの要件やその他の情報が含まれています。情報は、プロジェクトで定義された部屋のテンプレートを使用することも、完全に独自のものを使用することもできます。dRofusにはRDSのセットアップが組み込まれていますが、ユーザーはどのフィールドを含めるかを自由に定義したり、カスタマイズしたRDSを一から作ることもできます。RDSは、PDF、Excel、xml、IFCにレポート/エクスポートしたり、プラグインを使用して部屋パラメーターとして設計モデルに直接同期させることができます。 

  • プロジェクト関連の要件を部屋に割り当てる
  • 部屋は、テンプレートや部屋グループから要件を継承したり、独自の要件を割り当てることができます
  • RDSのプログラム要求を、計画・設計された機器 (アイテム)に対して検証する
  • 双方向プラグインを使ってRevitやArchiCADでRDSデータを表示します
  • 画像やキープランなどのグラフィック要素を含むRDSレポートの印刷 
  • dRofusからの要求でIFCモデルを補強する

RDS_

部屋データーシートの設定は、プロジェクトのニーズに合わせてカスタマイズできます。dRofusに搭載されているエディターを使って、思い通りに仕上げることができます。

report__

RDSのPDF出力。dRofusは組み込みのレポートとカスタマイズ可能なレポートの両方を提供します

項目

 

dRofus 項目モジュールでは、部屋のコンテンツや、家具・備品・設備などの建物要素をすべて登録・管理します。dRofusには、項目の登録が組み込まれていますが、プロジェクトのニーズに合わせて登録をカスタマイズすることも非常に簡単です。プロジェクトで定義されたグループで項目を整理し、dRofusで直接項目を作成したり、プラグインを使ってBIMオブジェクトを項目として作成することができます。

項目は、部屋テンプレートまたは部屋リスト内の一意の部屋に添付できます。 これは、プロジェクト内の機器の数量計算、原価計算、および調達計算の基礎を形成します。 既存の項目は別のレジスタに記録され、部屋にリンクされて、調達される正味項目の数量が自動的に計算されます。.

  • 責任グループ、予算グループ、入札グループへの項目の作成と割り当て
  • プロジェクト定義のフォームでアイテムを記述および指定する
  • テンプレートや一意の項目リストを使って部屋の項目リストを作成
  • 双方向プラグインを使ってRevitやArchiCADと部屋の項目数量を確認および同期します
  • ファミリ/オブジェクトのパラメータをdRofus項目と同期させる 
  • RDSの部屋の要件を使用して項目の仕様を確認および管理します
  • 既存の項目を登録し、正味数量計算のために計画された部屋にリンクします
  • IFCモデルに対して項目と数量を確認します

Items-overwiev-1

dRofus Web: IFCモデルに接続されたアイテム概要で、タイプと数量のナビゲーションと検証を実現

 

items-overview_

項目グループで編成された項目。リストに列を追加してビューをカスタマイズする

仕上げ


dRofusでは、部屋のテンプレートを使って部屋に仕上げを割り当てることも、部屋ごとに直接割り当てることもできます。仕上げは、まず項目モジュールで設定され、次にプロジェクトで定義されたカテゴリの部屋に追加されます。カテゴリの例としては「床」「壁」「柱」「天井」などがあります。仕上げは、様々なレポートで簡単に報告され、数値化され RevitのマテリアルなどのBIMオブジェクトにリンクさせることができます。

  • プロジェクトで定義されたカテゴリで仕上げを整理
  • プロジェクトで定義されたパラメータを仕上げに追加
  • 仕上げのスケジュールと仕様書のレポートの作成
  • 仕上げを部屋のパラメータとして同期したりRevitのマテリアルに接続したりすることができます

finishes_

プロジェクトで定義されたカテゴリーに仕上げを添付。数量をスケジュールし、Revitのマテリアルとリンクさせる

システム


システムはdRofusで作成したり、プラグインを使用してRevitからインポートすることができます。システムおよび関連コンポーネントのすべてのデータを整理し、構造化された環境で維持する。製品やドキュメントを添付して、施設管理者に引き渡すための建築物としてのドキュメントを作成します。dRofusのシステムは、複数の分類の使用をサポートし、迅速なデータ入力のための複数のフィールド編集機能を提供します。

  • ユーザーフレンドリーな環境でシステムとコンポーネントを整理する
  • ドメイン、分野、モデル全体でシステムとコンポーネントを管理
  • システムやコンポーネントへの製品、ドキュメント、画像の添付
  • 分類やその他のパラメトリックデータをシステムやコンポーネントに添付する
  • Revitとの同期、IFC、Excel、PDF、XML、COBIEへのエクスポート

systems-1

dRofusウエブ: 機械的なIFCファイルに接続されたシステムの概要。 全体的な概要については、システムとコンポーネントを介して視覚化する

systems_

システムモジュールは、Revitとの双方向同期により、すべてのシステムと関連コンポーネントをデータとドキュメントで管理します

機能プログラム

 

機能プログラムでは、部屋のリストが確定する前でも、プロジェクト、部門、サブ部門の初期段階の要求を定義し、登録することができます。dRofusがない場合、これらの要件は通常、さまざまなドキュメントやワークシートに散在しています。ddRofusでは、プロジェクトに必要な様々な要件を、一貫性のある構造化された方法で一元的に指定することができます。これにより、設計者やプロジェクトチームは、いつでも簡単に関連情報を効率的に見つけることができます。

  • プロジェクト、部門、サブ部門の要件を一箇所に集めて集中管理する
  • 機能プログラムをWord、Excel、または標準化されたPDFレポートにエクスポートする
  • プロジェクトで定義された要件やその他の関連情報を作成
  • 過去のプロジェクトからのデータの回収と再利用の可能性
  • 機能プログラムをIFCにエクスポートしてBIMで読み込む
  • 画像やドキュメントを添付ファイルとして追加

function-program

部門と部屋の間の隣接要件を備えたグラフィカル機能プランナー 

調達

 

調達モジュールは、調達プロセスのすべてのステップを通じて、計画された項目を管理するために使用できます。

調達プロセス全体において、ユーザーはどのアイテムを購入するか、どの部屋に項目を配置するか、入札、オファー、合意、注文のいずれのステータスであるかを管理することができます。

  • 計画されたアイテムを適切な入札グループに割り当てる
  • 計画から調達モジュールへの説明、仕様、数量の転送
  • 入札書類へのレポート出力
  • アイテム支出の監視と管理
  • ベンダー登録の維持
配送

 

調達モジュールで作成された注文は、配送モジュールに転送することができます。

デリバリーモジュールでは、項目を個々のインスタンスに分割して、登録番号やシリアル番号などの一意のデータを添付することができます。

  • 全体的な配送スケジュールの管理、および個々の配送の監視します
  • すべての項目または個々のアイテムに注文情報とプロジェクト定義の注文ステータスを割り当てます
  • 項目に一意の登録番号とシリアル番号を割り当てます
  • ラベルプリンタに直接接続して、一意のシリアル番号で項目にマークを付けます
IFCとBIM

 

dRofus Webは、完全なマルチモデルの視覚化をサポートしています。 これにより、すべての主要な建物データ、プログラムと機器の検証、および設計モデルをすべての関係者間で共有するまったく新しい世界が開かれます。純粋なウェブベースです。

クライアントでは、IFCファイルの読み書き機能を強化しました。dRofusと選択されたIFCファイルの間で、部屋や機器のすべての属性を動的にリンクすることができます。クライアントでIFCファイルを可視化することはできますが、クライアントでの単一モデルの可視化(ローカルに保存)とWebでのマルチモデルの可視化(クラウドに保存)を分けています。

私たちは、オープンスタンダードのサポートを継続的に強化しています。今後のIFCサポートの新機能にご期待ください。

dRofusは、IFCのインポートとエクスポートの両方に対応しています。

  • 部屋データとIFCモデルを同期させる
  • dRofusとモデルの間の部屋、エリア、設備を検証します
  • 機能、部門、部屋、ゾーン、機器、RDS要件を可視化する
  • クライアントやエンドユーザーの要求をBIMに反映させるために、IFCをdRofusデータで補強する
  • dRofus Webによる強力なマルチモデルの視覚化とプログラムの検証

 

systems-1

WE LOVE CODE, BUT...

YOU DON'T HAVE TO LOVE CODE. WE GOT YOUR BACK.

We provide you with a clean and effective code behind the scenes. You will work with HubSpot\'s drag-and-drop editor and our POWERful module options.
mockup-01-3